ダイエット&発毛の鹿石八千代と申します

半年で20キロのダイエットに成功した、発毛日本一コンテスト第5位の鹿石八千代のブログ

決戦!!「発毛日本一コンテスト」

こんばんは!!
ブログを立ち上げて4日目のペンネーム「鹿石 八千代(しかいし やちよ)」と申します。
本日も、よろしくお願い申し上げます!!

本日は、「半年間で20キロのダイエットに成功した話」の前に…
この話をするには、発毛日本一コンテストについて語る必要があります。
本日は、そのお話をご紹介します…

入賞者のご紹介 | 第18回発毛日本一コンテスト | 薄毛対策の発毛専門リーブ21

 

鹿石のダイエット法は,名付けるとすれば,ズバリ
「一日1500キロカロリー以下、カロリー制限ダイエット」です!


ただし、1日に1500キロカロリー以下に制限する…これが難しい!
もっと食べたい!!、お腹いっぱい食べたい!!…
と普通は思いますよね!

 

そこで、重要なのは「なぜ、痩せたいのか?」と言う、ダイエットのその先にある最終的な目的・目標・ゴールです!
ダイエット自体が目標では、すぐ心が折れてしまうと、鹿石は確信しています!
「何のためのダイエットか?」
「なぜ、痩せる必要があるのか?」
その目標達成のための、ダイエットは一手段にすぎない!…と考えるのが、ダイエット成功のコツなんです!

 

その意味で、鹿石のダイエット
「目標設定が9割のダイエット法!」とも言えるわけです。
(…なんだか、どっかの本みたいですが…)

 

鹿石の場合、
ひょんなことから発毛日本一コンテストに出場することになりまして…
そこで結果を出すには、髪の毛だけではなく、全身の見た目、見てくれが大きく左右する!
と考えたのです。
勝手な持論ですが、このような、コンテストものは、全身の見た目が良い方が印象が良いに決まっている!…と…

 

これはコンテストものだけでなく、物のセールスでも言えること!ではないでしょうか?

 

話は少しそれますが…
例えば、鹿石の購入した車のディーラーの皆様は、かなり見た目がカッコいい方々が揃っています。
若い人がイケメンなのは言うまでもなく、ミドル世代のセールスマンも、かなりこざっぱりしていて見た目が良いです。
ディーラー内を見回してみても、メタボなんて、いないんじゃないか?と感じるくらいです(実際は、中にはメタボ方もいるのでしょうが…あくまで、鹿石のイメージです)。
結果、その見た目が良い担当者から車を買う…訳ですが…

 

そこからは、見た目よりもアフターフォローですよね…
これがしっかりしていなければ、もちろん、次は買わないわけで…
鹿石の担当者は、これも、かなりしっかりしております!
(…いつも、助けていただいて、ありがとうございます。)

 

要は、最初のファーストステップでは、見た目が良いと得だ…と鹿石は言いたいわけです。
その後は、見てくれではなく、中身になっていきますが…とにかく、結構、第一印象は重要です…
ちなみに、鹿石が何の車に乗っているのかと申しますと…
3台ありまして、3台ともメーカーと担当者が違いますが、どの担当者もバッチリでして…

スミマセン!また、話が脱線してしまいました。
鹿石の話は、脱線が多いので予めご了承ください。
(車の話もいずれブロガって見ようかな…笑…)

 

 

 

話を元に戻します。

では発毛日本一コンテストに出て、そんなに良い結果を出したかったのか?
と言われば…まあ、確かにコンテスト優勝者には少なからずの賞金も出ますが…正直、さすがにそこまでは難しいだろう…と思っていました。

コンテストの本選にエントリーされたのは12名で、この時点で既に入賞は決まっていました。

 

発毛日本一コンテストについて、簡単に説明いたします。

第18回発毛日本一コンテスト | 薄毛対策の発毛専門リーブ21

 

予め書類審査が有り、全国から何百人だったかな??の応募があったそうです。
一次の書類審査で71名が通過しました。
この71名は、次の二次審査でネット上に顔写真が公開されます。
ここで、一般の人々のネット投票も含めた審査を行い、本選へ出場の入賞者12名が決定するのです。

 

この入賞者12名の中で、順位付けがなされるのが、コンテストの本選です。
よって、何もしなくても「コンテストの本選出場」の時点で「入賞」という、十分なポジショニング、結果が出ている訳です。

 

では、そんなに、このコンテストで優勝したかったか?
優勝賞金が欲しかったか?
半年で20キロの減量に臨むほど、優勝したかったのか?

 

答えは、まあ、賞金は欲しいけど…12名までエントリーされれば、それでいいんじゃない?と自分では思っていました。
なら、そこまで真剣に20キロの減量を目指さなくても…と言われそうですし、自分でもそう思います。

(当初は多少の減量に臨んだはずですが、結果として20キロのダイエット成功です)

 

ところがです!
ここで、もう一つ、重要な要素があります!

 

このコンテストは、確かに個人的なコンテストであると同時に、
実は、私たちエントリーした人(客)は、その発毛の施術を受けた各支店の代表でもあるのです。
ある意味、このコンテストは各支店同士の団体戦でもあるのです。

 

つまり…
鹿石が、薄毛治療(=発毛)の施術を受けた「毛髪クリニック」は、全国に70店舗?以上あるそうです。

 

年に1回行われるこの発毛コンテストには、その70店舗以上ある各支店から、全国何百人?のエントリー(客)があり、上述のように、本選までに12名の入賞者が選ばれます。
70店舗・数百人のうちから、12名の本選出場者ですから、かなり狭き門ですよね…今から思えば…
よって、本選には、全国70支店の全てが出られるわけではなく、コンテスト本選に出られない支店の方が多いわけです。

 

コンテスト本選は、4月にお台場のヒルトンホテルで大々的に行われました。
最近では、その模様が、よくTVCMでも流れています。
…結果、鹿石も全国ネットのTVCMに出ちゃっています…ぶっちゃけ…
(そこで一句 「ただの客 発毛したら 全国区」…失礼しました…笑)

 

そのヒルトンでの本選には、「コンテスト出場者(=客)」とその発毛の施術を担当した「支店の社員の皆様(=施術者)」一緒になって参加します。
いわゆる、各支店同士の団体戦となるわけです!

審査は、発毛の具合だけでなく、当日のアピール=プレゼンがかなり重要みたいです!!

…すなわち、団体戦の要素が強くなります!!

 

各支店の社員の皆様からすれば、自分たちの仕事の結果・成果が、コンテスト形式で、しかも社長の目の前で、評価されるわけですから、大手企業の一員としては、それはそれは命がけじゃないでしょうか??

 

そんな大がかりな、団体戦にかりだされる「一般のお客さん」…それが鹿石他、選出場の12名です…
もちろん、客本人の自由意志によって出場します。
かってに、会社の都合で出場させられるようなことは一切ありません。
完全に客のプライバシーは守られます。

 

とは言え、今となっては笑い話にもなりますが、冷静に考えると、これって素人にとっては結構大変なこと!結構きます!…よね…(笑)

その大変さを考えると…

この12名全員に、優勝賞金と同額の賞金を与えてもいいのではないか?!

…と、鹿石は、強く言いたいです!社長に!…笑
…社長!今からでも、よろしくお願いいたします!(笑)

 

冗談はさておきまして…
話をダイエットに戻します。

 

鹿石の場合、
なぜ、発毛日本一コンテストに出場するために、ダイエットに臨んだか?
と言えば、私自身のため…もありますが、それ以上に、この団体戦」であったこと!が大きい!!です。

 

ここまで発毛に成功した(髪の毛が生えてきた)のは、施術をしてくださった支店の皆様があったればこそです。
これには、鹿石は心の底から感謝しております。

 

よって、この感謝の意を込めてコンテストに臨もう!と思ったわけです。
鹿石個人のためだけなら、すぐに心が折れていたかもしれません。
お世話になった施術者の方々に、恥をかかせぬよう、鹿石なりの準備と努力をしよう!と決心したわけです。

これが、ダイエットにおいて強固な意志を持つ事の出来た理由です。
世話になった施術者の皆様への感謝こそが、ダイエットの先にある、大きな大きな目的です。
「個のためだけ、ではなく、仲間のために…」
この仲間は、個以上に貴い人たちです。。
これが、モチベーションを高める、持続する最強の意志!となりました。
ダイエットには、これこそが必要なんです!!

 

…なんだか熱っぽく語ってしまいました…
どうも、鹿石の話は暑苦しくてスミマセン!
本日も、最後まで、お読みいただきありがとうございました。
また次回もお付き合い頂ければ幸いです。
ダイエット発毛鹿石八千代でした…」